トレビーノで赤ちゃんのミルクは作れるのか?!

トレビーノで赤ちゃんのミルクを作れないかな~と検討中!


ネット情報をチラっと見たら


「嘘ばっかり書いてある!」


このブログでは、


赤ちゃんに本当に安心してあげられるお水の紹介をしたいと思います。

トレビーノで赤ちゃんの水は安心してあげられる?

残留塩素・トリハロメタンなんてもってのほか!



塩素ぐらいが除去できれば十分、


とか、


塩素とトリハロメタンぐらいなら浄水器で除去できる!


なんて適当な情報であふれていますが、それって真実なんでしょうか?


きちんとした正式な組織の実験結果を見てみました。


国民生活センターの実験によると、


残留塩素については、

おいしさに関わりのある残留塩素除去は、


どの銘柄もカートリッジ初期時点からろ過能力最終時点まで9割以上の除去率を示した。



浄水器の塩素除去能力はまぁまぁってとこかしら・・


次。トリハロメタンはどうなの?

安全性で気になるトリハロメタンや農薬の除去率は初期時点では、どの銘柄も良好。


しかし最終時点になるとトリハロメタンは7銘柄で半分以下の除去性能になった。



これ、本当に安全ですかね??

日本の水道水ってほんとに安全なの?



日本の水道水は世界一安全と言われていますが、


それって本当なんでしょうか?

国別 基準値
ドイツ 0.05ppm
フランス 0.1ppm
アメリカ 0.1ppm
日本 0.6ppm



これは世界各国の塩素の基準値です。


日本だけダントツで多いですね?


特にヨーロッパでは、塩素は体に有害だとして


これから水道には塩素を入れない国が増えていくんだとか…


これを見ると、私にはとても日本の水道が安全だって思えないんです。


だから浄水器で有害物質を取り除こうって思ってたんですが…


いくら浄水器を使っても、


塩素は1割、トリハロメタンは5割も残ってしまうんですよね。


これでは赤ちゃんにはあげられないし、家族に飲ませられますか?!

汚れてない水にすればいい?!



こんなにいろいろ心配しながら水を使うぐらいなら、


いっそのこと汚れていない水を取り寄せたほうが


すっきりした気持ちで安心して水を使えるのではないか?


そう思うようになりました…


そんなタイミングでたまたまスーパーの試飲会で


「アルピナウォーター」というウォーターサーバーに出会ったんです!


まさに運命の出会いってやつ笑。





アルピナウォーターは長野の標高1000m以上にある湧水を


さらにRO濾過して不純物を99.9%取り除きます。


天然水だから、そもそも有害物質が含まれていないってこと。


これなら安心して毎日のお水に使えますよね?


それと、すごく助かるのが、アルピナウォーターは


ウォーターサーバー界でも業界格安のお水なので、


500mlのペットボトルあたり約43円で飲めちゃうんです。


・身体にいい!赤ちゃんも飲める!


・ペットボトルウォーターより安い!


これならメリットしかありません!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ