トレビーノって放射能はちゃんと除去できるの?

我が家には赤ちゃんがいますので、


普段から使うお水や食材は本当に気をつかいます。


特に放射能もそのうちの一つ。


これから離乳食作りがはじまるんですが、


赤ちゃんには絶対的に安全なお水を使いたいと思っています。


最近蛇口につけるタイプの「トレビーノ」がお値段も手ごろで


いいかなって思っているんですが、


放射能や水道水の有害物質は本当にしっかり除去できるんでしょうか?

トレビーノは放射能を取り除けるの?

水道水の有害物質は除去できる?

まず気になったのが、


水道水の有害物質です。


一番気になるのが塩素とトリハロメタンですね。


塩素は喘息やアトピーの原因になり、


トリハロメタンは発がん性物質だと言われています。


国民生活センターの情報を見たんですが、


ここの実験によると、蛇口取り付けタイプの浄水器は、


主要メーカーで、


残留塩素が9割除去・トリハロメタン5割除去


という実験結果が出たそうです。


・・・トリハロメタンは半分しか除去できないんですね。


これはちょっと微妙ですね。

放射能は取り除ける?



浄水器で放射能まで取り除ければとってもいいんですが…


残念ながら放射性物質は分子構造がとても小さいため、


浄水器では取り除くことはできません。。


水道に入っている放射能のピークは過ぎたんだから大丈夫!


なんていう情報もありますが、果たして本当にそうなんでしょうか?


東京都水道局の放射能検査によると、


金町浄水場の検査結果では、


放射性ヨウ素・・・0.7bq/kg下限値でND(検出ナシ)
放射性セシウム・・・0.6bq/kg下限値でND(検出ナシ)


という結果でした。水道水には放射能が含まれていなくてちょっと安心!


でも次が問題でした。


浄水場発生土の放射能検査では、放射性物質の検出がありました。。


放射性ヨウ素・・・不検出(下限値不明)
放射性セシウム・・・74bq/kg


ようは水を浄水している時点では、放射性物質が「ある」ということです。


ちょっとこれでは水道水は不安が残りますね。。

RO浸透膜だけは放射能は除去できる!

私も、子供の健康のために、


苦手な数字を一生懸命勉強しました(泣)


セシウムは0.0006ミクロン、放射性ヨウ素は0.0002ミクロン


という分子の大きさなんですって。


取り除ける唯一の方法が、「RO浸透膜」という技術。


RO浸透膜は0.0001ミクロンまで除去できるので、


水道水の有害物質も放射性物質も除去できるんです!


これはすごいっ!


・・・でも、一つ問題がありました。


RO浸透膜技術を搭載した浄水器って高額なんです…


相場が安い物で3万円~5万円ぐらい。


ふぅ~家計を預かる身としては、何とも手痛い出費だわ・・


でも、もっと安いお値段でRO濾過したきれいな天然水を


利用できる方法を見つけちゃいましたっ!

RO浸透膜搭載のアルピナウォーター!


アルピナウォーターなら、


標高の高いもともときれいな天然水をさらにRO濾過。


そして何より安心なのが、


放射能検査を毎月実施して、公式サイトで公表していること。


お水の安全性に堂々としているし、


情報を公開しているメーカーの真摯な対応が好感もてます。


すっかり、納得できた私は、


すぐにアルピナウォーターを申込みました。


安心して赤ちゃんのお水に使えています。


それと、申し込んだ時、キャンペーンをやっていたので、


なんとお水を4本も無料でプレゼントされました!

4本お水の無料プレゼントは公式サイト限定の特典です。


キャンペーンを上手く利用してみてください。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ