寝かしつけにミルクにしたいけどうまくいかない…

本当はおっぱいの方が楽だけど、


二人目はどうしても出なかった…


きっと、頻回授乳すれば出るようになるかもだけど、


二人の育児でもうそんな元気は残ってない。。


赤ちゃんの寝かしつけに完ミルクにするにはどうする?!

赤ちゃんを寝かしつけるのにミルクにするにはみんな、どうしてる?

お兄ちゃんは完母だったけど…



上の子の時はうまく行ってたんです…


普通に母乳の量も増えていったし、


何も問題ありませんでした。


でも、下の子が生まれてからというものの、


一向に母乳の量が増えない。


たぶんなんですが、


上の子の面倒と下の子のお世話が一気にきて、


私がキャパオーバーになったと思うんです…


母乳が出ない!と思えば思うほど出ない気がするし、


乳首もすごく痛くなって。。


もうこんな状態なら、ギリギリ我慢しないで、


夕方から夜は特にミルクにすればいいやって切り替えたんです。

何度ものミルク作りに我慢も限界



ミルクにしたらしたで、赤ちゃんってなかなか飲んでくれない…


やっぱり母乳がいいんでしょうか?


でも夕方近くになると、私も疲れて


母乳が上手く出てきません。


そうであれば、何とかしてミルクに慣れてもらわないと困ります。


最初のうちは、夕方や寝かしつけの時に


ミルクをあげても、あまり飲んでくれませんでした…


でも、せっかくミルクを溶いて、流水で冷まして、


やっとミルクを寝かしつけの時にあげられる~


と思いきや、赤ちゃんの気分で飲んでくれないことのほうが多い(泣)


そんな時は私の疲れも倍増。ストレスでイライラ。


どうしてこんなに飲んでくれないの?


なんてキーキーした母親になっていました・・・

とにかく「楽を極める」



私自身が育児に切羽詰まってしまって、


毎日のようにイライラしていたんですが、


ある日、母にこんなことを言われました。


「別に完璧にしなくたって、手抜きできる所はすればいいじゃない!」って。


さすが育児の先輩です。


私もこの言葉でスっと力が抜けて、


「夜、すぐに寝なくてもまあいっか」
「ミルクを飲んでほしい時に飲まなくてもいっか」


って気持ちが適当になれました。


だからとにかく、


・私が楽になれる方法


・便利グッズを最大限利用


これを最優先することに。


そっから、育児が上手く回るようになったんです!

まずはおしゃぶりを使ってみる



おしゃぶりって、歯並びが悪くなるって敬遠していたんですけど、


長時間おしゃぶりに依存しなければ大して歯並びに影響がないそうです。
(歯医者に確認済み)


夜の寝かしつけになかなか寝ない時は、


おしゃぶりを使わせました。


すると、赤ちゃんも安心するのか、寝つきがよくなった気がします。

ミルクは短時間で一瞬で作る!



二人目育児ともなるととにかく時間との戦い。


省ける手間はどんどん省いていかないと、


私自身もイライラするし、家事もできなくなるし、いいことありません。


ふと思ったんですが、


ミルクを作る時間って結構時間かかりませんか?


最初は電気ポットを使ってミルクをその後冷ましていたんですが、


電気ポットに水を補充する時間、電気ポットを洗う時間、


ミルクを冷ます時間が結構かかるんですよ。


苦労して作った一本を、赤ちゃんに「ふんっ!!」とそっぽ向かれるからムカつきます。


でもこれって、飲んでくれないということより、


一生懸命時間をかけて作ったのに飲んでくれないことにイライラしていたんだと思います。


だから、もう、イライラするのをやめました!

コスモウォーターで一瞬でミルクを作ってしまえ



ミルク作りに悠長に時間をかけていられないので、


もう、とことん楽・時短を追及してやる!と決意しました。


ママ友さんがやっていた方法なんですが、


コスモウォーターでミルクを一瞬で作ってしまう方法。


コスモウォーターなら、お湯と冷水が同時に出せるので、


お湯を沸かしたり、お水でミルクを冷ましたりの


面倒な手間をぜんぶショートカットできちゃいます。


ミルク作りの時間わずか2分。


これなら、いざ寝かしつけの時にミルクをあげようとしても、


飲まなかった時のためにまた作らないと!とイライラすることがなくなったんです!


まだまだ、育児でイライラすることはありますが、


おしゃぶりとコスモウォーターでかなり楽育児ができるようになりました。


ママがイライラしていると、子どもも泣き叫ぶ。


ママが笑うと子どもも機嫌がいい。


「私が楽をする」これが育児をスムーズにする究極の方法だと思ってます。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ